コストのかけ方

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

のぼり旗が選ばれる理由としては、安価なコストで効果的に
宣伝を見込めるという部分にあります。
では実際に、どのような方法で製作をするのか、またどのような
選び方をするべきかを考えてみましょう。

のぼり旗の効果に対するコストのかけ方としては、交換するサイクルに合わせた
品質のものを選ぶ方法があります。屋外広告


のぼり旗は看板とは異なり、風雨や太陽の紫外線により
劣化していきます。


そこで定期的に交換する必要がありますが、ポイントとなるのは
そのサイクルの期間です。


あまりに長い間同じデザインののぼり旗を立てていても、やがて注目されずに
集客力は落ちることになります。


そこでキャンペーンを行うタイミングや、季節ごとに変わる料理に合わせて
新しいデザインのものに交換すれば、集客力を再び高める効果を生みます。


その交換サイクルに合わせた耐久性となるように制作するようにすれば、
効率良くコストを抑えることになります。


無駄に長持ちするのぼり旗を作ってももったいないというわけです。
宣伝効果が落ちる頃にデザインを変えることで、再び注目されるようになります。


いつもの通り道でも、目新しいのぼり旗があれば、誰もがつい
目を向けることになるわけです。


集客率を集計しながら、どのようなタイミングで交換すれば
最も効率が良いのかを算出することで、そのサイクルに合う
耐久性となるのぼり旗を作ることができます。季節的


あるいは期間限定のキャンペーンの際にのぼり旗を作るのであれば、
そのキャンペーン期間中は劣化せずに済むような品質で作るか、
あるいは何度か交換しながら集計力を維持するかといった
戦略を立てられます。


このような工夫をすることによって、宣伝効果を高めながら
コストを抑えることが可能となります。

街の景観を壊す?「のぼり」の景観への影響

 

のぼりは大相撲のことを思い出すとすぐわかりますが、活気があふれ、
景気が良いという印象があり、華やかさが演出されます。

だから街全体のことを考えても、そういう狙いであればのぼりは
ピッタリな効果を発揮してくれます。

しかし、そうでないこともあり、特にその地域特有の景観を損ねたくないと
いう場合は、のぼりは無用であり、それどころか禁止ということにもなります。


代表的な事例は京都市になります。
平成19年に京都市で新景観政策が実施され、建築物の高さやデザインの
規制が始まっています。

屋上の看板や点滅式の照明、可動式の照明なども禁止になります。

歴史的な建物が多くあり美しい品格のある都市景観を保ちたいということからです。


広告塔はもちろんですが、建物に貼るポスターやのぼり旗までが
規制の対象となったのです。

人によって賛否の意見が様々にありますし、商いの形態によっては
のぼり旗が一番マッチしているということもありますが、条例で定められた以上は、
それに従うしかないということになります。