安全運動で使う

のぼり旗は、道路などの危険な場所での注意喚起としても
効果的に使われています。

 

特に安全運動で使うのぼり旗は、子供から大人までの幅広い
世代に対しては、有効的な形で使われています。


色彩は目立つことが重要ですから、色は2種類から3種類程度にして
極めてシンプルな形になっているのが特徴です。


文字数を長くしてしまうと、車で通過する人に対しては
訴えかける力が弱くなるため、単純明快で短いフレーズが
選ばれることが普通です。


のぼり旗は小学校などの通学路で安全運動を行う場合には
特に欠かせないものになっています。


安全運動に携わる人は、道路沿いの歩道などに集まって
のぼり旗を一斉に掲げることによって、大声を発することがなくても
強いメッセージを伝えることができるのです。

携わる人


車を運転する側にとっては、のぼり旗を確認することによって
安全への意識を再確認できるのが利点です。


自転車で通学する子供に対しても、のぼり旗を使った
安全運動によって、啓発が行われています。

呼びかけ


さらに、お年寄りに対しても安全運動を行うことで、
思いやりのある安全運動を実施する例もあります。


のぼり旗を持って安全運動をすることは、一時的に
行うものではありません。


季節ごとに交通状況は変化しますから、時期に応じて
行う必要があります。


日照時間が短い冬場に行う場合には、早めのライト点灯を
呼びかけることも重要な任務になります。


シートベルトの着用や飲酒運転の防止については、
のぼり旗の安全運動でも積極的に呼びかける必要がありますが、
こちらの場合には季節を問わずに行わなければいけないことです。

そのため、常に外に出しておかなければいけないことが考えられますので、
劣化してもすぐに取り替えられるように予備を用意しておくと良いでしょう。