印刷したい内容

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

実際にのぼり旗を製作しようと考えた時に、通販サイトを見てみると
その種類の多さに驚いてしまうのではないでしょうか。

既製のぼりを注文すれば、デザインを考える手間も省ける上に
すぐに製作に入れて効率的です。

また、のぼり旗というのはオリジナルのデザインで作ってもらうことができる
アイテムですから、ありとあらゆる宣伝をすることができて良いものです。


ただし、デザインの作り方が悪いと、オリジナルであっても
良い効果が得られない場合がありますから、十分注意しておきたいところです。


オリジナルのぼり旗を作る際に、必須で印刷しておきたい内容といえば
メインワードはもちろんですが、それをサポートするもう1つのメインワードとも言える
魅力的な言葉も外せません。


例えば、飲食店でオリジナルのぼり旗を使って、ランチタイムのお得さを
アピールする時には、サービスランチなどの言葉を入れて作成すると良いものですが、
それだけだとどのぐらいお得なランチなのか伝わりません。安いランチ


ですから、この文字の他に、金額を印刷しておくのです。
サービスランチという文字とともに、例えば500円という金額が載っていれば
お得さがすぐに伝わりますから、効果的な宣伝ができるわけです。割引期間


また、飲食店以外のお店で、安売りをアピールするために
オリジナルのぼり旗を取り入れたいという時にも、金額に関する情報を
入れておきたいところです。


例えば、本日5割引という文字が印刷されていれば、かなりインパクトが出ることでしょう。


閉店セール、という内容にする手もありますが、割引率を入れたり、
ポイント5倍など数字でアピールした方がインパクトがあって
集客につながりやすい場合もあることでしょう。

2020年東京オリンピック|開催に向けて「のぼり」で雰囲気作り!

 

2020年東京オリンピックの開催に向けて「のぼり」で雰囲気作りをすることを考えてもいいはずです。


誘致活動を盛り上げることが出来る一つの方法としてのぼりを有効的に活用すると、より効果的に
気分を高めていくという効果も期待できる事もあるはず。


お祭りなどの時にこれを見ると気分が高揚したという経験を持っている人も多いはずで、
これは日本の文化にしっかりと根付いているものだと考えてもいいはずです。


子供の時にはのぼりを見て、どんなお店が出ているのかという事をのぞきに行ったという
人も少なくは無いはずです。


視覚的にこれから楽しいことが起きますよという宣伝になるので、こののぼりの効果は
とても大きなものがあると考えて良いでしょう。


景色に馴染ませるという事も出来て、風に布がはためくような感じはまたとない日本の文化を
示す好材料となると考えて良いでしょう。


外国人にアピールする材料として使う事も出来るので、誘致活動にももってこいです。