不動産業界ののぼり旗

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

不動産業界では、店舗の前や取り扱う物件の前にのぼり旗を出して、
道行く人に宣伝をしています。


立看板を使わずにのぼり旗を使う理由としては、さまざまなメリットがあるからです。


まず一つめのメリットとしては、立看板よりも目立つ所です。
不動産業界の場合、のぼり旗は宣伝のために使うのはもちろん
目印として使う意味もあります。モデルハウス


たとえば、折り込みチラシや情報誌、ネットで物件情報を見て
現地を訪れる場合、目印がないと目的の物件がどこにあるのか分かりません。

 

現地を訪れてはみたものの、目的の物件が見つからないことになるのです。

 

しかし、のぼり旗を取り扱う物件の前に掲げておけば、さまざまな媒体で
不動産情報を見て現地を訪れた人にも、一目で分かるようになります。

 

また、分譲物件やモデルルームの場合には、最寄駅からのぼり旗を
立てることによって、道案内をすることも可能です。


不動産業界でのぼり旗が使われるのは、立看板よりも目立ち
目印になるからといった理由もあるのです。


この場合気をつけておきたいのは、管理がしにくい場所にあると
万が一通行している人に何かあったときに、すぐにわからない
というところです。分譲アパート

信頼にも関わりますので、安全対策はしっかり取っておきましょう。


さらにのぼり旗を不動産業界で使うメリットとしては、
コストが低く設置が容易であることも挙げられるでしょう。


立看板は大量に作ってもコストダウンが難しく、重いので設置も大変です。


しかし、のぼり旗はコストダウンがしやすく、軽いので設置も簡単です。
朝一番で設置し日が暮れて撤収するときもすぐに終わるので、
非常に利便性が高くなっています。


コストと設置の負担が少ないのも、不動産業界で使われる理由です。

縁起担ぎの意味も!相撲とのぼりの関係

 

のぼりというと商店のイメージが強いかもしれませんが、神社もカラフルなものを
入り口付近に建てていることが多いです。


のぼりは神事において、神が降臨するスポットを知らせる意味があるからです。


それだけでなく、神社を支えてくれている地元の人たちへの感謝の気持ちを
表現するのにも用いられています。

 

このように神事や人々への感謝と関係あることが、相撲の巡業で
よく用いられる理由の1つです。

 

相撲の起源は約370年前であると考えられています。

 

相撲で用いられるのぼりはとても大きく、色とりどりです。
大きいのは、遠方からでも相撲の開催を知らせやすいというメリットがあるからです。

 

さらに、カラフルであることは縁起を担ぐためでもあります。
黒は負けを意味する色なので、カラフルにすることで勝ち星を
イメージしやすくしているのです。

現代ではそのような意味を理解する人は少なくなってきましたが、
実は古くからの風習が今も根付いているといえます。