業者選びのポイント

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

オリジナルののぼり旗を注文する印刷業者の選び方では、
製作方法をまずはチェックです。


基本的にはシルクスクリーンとインクジェットという印刷方法があり、
それぞれに向いているデザインや枚数があります。
更に、それぞれの会社によって強みが違います。

技法

印刷方法によって、製作できるオリジナルののぼり旗には
さまざまな違いが出てきます。


対応している印刷方法だと、思い描いていたオリジナルの
のぼり旗を作れないこともあるので、まずは問い合わせて
確認しておきましょう。

デザインを決める
製作方法をチェックしたら、次はデザインについてです。
オリジナルののぼり旗のデザインは、市販のソフトを使い自分たちで
用意する方法と、業者が用意したテンプレートを
組み合わせて作る方法があります。


自分たちで用意したデザインを使う場合は、特に気にする必要はありません。


しかし、用意されたテンプレートから作る場合は、思い通りのデザインに
ならない場合があります。


テンプレートが公式サイトに掲載されている場合は、一度は必ず
目を通して、思い通りのデザインにできるか考えましょう。


料金や支払いのシステムも、選ぶときには注意したいポイントです。


依頼の前に見積もりをしてくれ、追加料金の有無について
確認しておけば、料金トラブルになることはありません。


また、公式サイトに料金が掲載しているサイトなら、見積もり前に
ある程度の金額を予想できます。


デザインや製作する枚数を確定させる前に料金を把握できるので、
公式サイトに掲載されているサイトなら、より安心できるはずです。


オリジナルののぼり旗の印刷業者は、これらのポイントに
気を付けて選ぶと失敗しません。

抽選の倍率は約10倍!?人気の東京マラソンでランナーをのぼりで応援

 

最近はマラソンの人気も高いものがあります。
東京マラソンなどはその代表格といって良いでしょう。


2013年は2月24日に開催されていて、応募した人は約33万人にのぼるというから
凄い数だという事が言えるはず。

抽選の倍率は相当高いものとなったようです。


マラソンで特に目立つのが沿道の応援のぼりといって良いでしょう。


最近は個人の応援をするのぼりを制作して応援するという事もかなり行われているようで、
この東京マラソンを狙って参加する人を応援するという事も行われているようです。


何しろマラソンは必ずテレビなどのメディアに映るという事がありますから、
のぼりを制作する人も力を入れて制作するという事になるのかもしれません。


これがあれば、親戚の人や友達にここで映ったというような事も言えるように
なるという事もあるはず。


沿道が映る事は間違いないわけですから、応援するところを選ぶという事も
最近は行われているようで映りやすいところは取り合いともなるようです。