オーダーメイドの良い所

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

のぼり旗が欲しいと思った時には、ネット通販で購入すると
いう人もいるでしょうが、ネット通販では既製品ののぼり旗が
たくさん入手可能ですから、スムーズに手に入れることができて
大変便利なものです。


なお、既製品ののぼり旗も良いものですが、
オーダーをして入手するという方法も良いものです。


オーダーのぼり旗の利点は何かというと、やはり
デザインの自由度が高いということでしょう。営業時間


デザインに関して細かなところまでこだわって作成することができますから、
既製品では表現しきれない豊かなデザインが可能となります。


営業中やSALEなどのごく一般的な内容ののぼり旗であれば
オーダーではなく既製品で十分な場合もありますが、独自のサービスを
前面に出した内容となると、やはりオーダーでないと無理でしょう。


なお、オーダーのぼり旗は、フォントデザインにも凝ることができるのが良いところです。

セール時のアピール
フォントデザインが違うだけで、全体の雰囲気というのはかなり変わって
きますから、これが決められるというのは、かなり魅力的だと言えるでしょう。


また、写真を入れて印刷してもらうことができるというのも、オーダーのぼり旗の
魅力的なところだと言えます。


写真があることで、文字だけやイラストだけ、文字とイラストだけでは
伝わらない魅力を伝えることができる場合もあるでしょう。

 

のぼり旗はシンプルであることが一番とされているため、
写真の入れ方にも気をつけるべき部分があり、また細かくなるほど
印刷できるかどうかも確認が必要ですが、上手く表現できれば
非常に有効的なのぼり旗ができるでしょう。


このように、オーダーのぼり旗であれば、さまざまな表現の仕方を
実現可能なのが魅力と言えます。

応援用のぼりが雰囲気を盛り上げる!正月の恒例行事「箱根駅伝」

 

お正月の2日と3日は箱根駅伝があります。
往路は東京から箱根で、復路は箱根から東京へ戻るルートとなっています。


2日は往路で、全国から予選を勝ち抜いた大学のスピードランナーたちが
箱根までデッドヒートを繰り広げます。

東京を出ると鶴見や横浜と次々と有名な都市を走りますので、沿道には
たくさんのファンが集まります。

そして、選手の次に目立つのぼりもたくさんです。


横浜以降も権太坂、大船、平塚と東海道線沿線の近くを並走していきます。


中でも権太坂は緩やかなのぼり坂が非常に長く続く難所のため、
毎年選手たちを苦しめています。

その後、箱根まで山を登っていきます。
この辺りの区間で記録をだすと、山の神などと呼ばれることになります。


3日は復路で、前日の順番で箱根をスタートします。


一定時間の差がつくと繰り上げスタートで選手間でたすきを渡せない状況にも
なってしまうため、沿道の応援にも熱が入ります。


東京に最初に戻ってきた大学が優勝となります。