月経駐車場でのぼり旗を作る意味

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

今まで空き地で放置していた土地を整備して、月極駐車場を
経営しようと思うのであれば、契約してくれる人を探さなくてはなりません。

月極駐車場
せっかく整備をしても誰も借りてくれないとなると、整備費さえも
取り戻すことが出来ません。


月極駐車場を経営するからには、空きがないように借り手を確保していくようにし、
順調に経営が出来るようにしましょう。


新規オープンの月極駐車場であることを知らせるために、
オリジナルのぼり旗を作って宣伝していくようにしましょう。


空きあります安く借りられる月極駐車場を探している人は多いですが、
看板が見えにくい場所にあったり、情報が不十分だと
気になったとしてもスルーされてしまいます。

そのため、わかりやすい場所にわかりやすい内容で
のぼり旗を立てておくのが効果的になるのです。


まずは時間貸しのコインパーキングでもなければ、企業の従業員用の駐車場でもなく、
月極駐車場であることを知らせる必要があります。


そのためオリジナルのぼり旗の内容は月極駐車場だと大きく文字を載せることです。


オリジナルのぼり旗を作るからには意味のあるものにしていかなくては
なりませんので、借り手にお得だと感じてもらえる内容にしていく事も
考えていかなくてはなりません。


例えば、新規オープン後いつまでに契約をすれば、最初の数か月間は
割引料金で借りることが出来るとか、プレゼントを用意しているといった内容で
のぼり旗を作成してみるのもいいでしょう。


期限までに契約をしてくれた人だけが得になるような内容にしておくことによって、
早く契約をしようと思ってもらえるようになりますので、契約意欲を
高めていくことが出来ます。


少しでも早く空きをなくし借り手を確保するためにも、うまく借り手の心理を突いていくようにしましょう。

デジタルよりアナログ?のぼりとデジタルサイネージの宣伝効果

 

2010年に登場以来、電光掲示板に文字を流すだけのデジタルサイネージは中途半端な規格の
ひとつとして、多くの店頭から姿を消していきつつあります。


一般的にデジタルの効果は視認性の高さと、コストパフォーマンスにあるとされていました。


コンテンツの高さとしては友好的であるものの、コストばかり先走って内容の更新に手間の
かかるサイネージは、結果的に町中に乱立するのぼりの宣伝効果には遠く及びませんでした。


のぼり旗には遠くからでも漠然とした人目を引き付ける効果があり、雰囲気に楽しさがあります。


デジタルの効果はスマートさはあっても、伝わる情報は中途半端で立ち止まって見るほどの
興味を抱く人はいませんでした。


結果的に店頭で電子的なモニタに情報を投影しても大きな変化は現れず、爆発的に集客に
つながることもなく、複雑な作業が延々と続くだけになりました。


限られた広告宣伝費の中で、定期的に交換するだけののぼりのコストの低さと集客効果には
デジタルも遠く及びませんでした。